読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿司とわたし

美味しい食べ物と寿司こびととそれ以外です。

タカラトミーアーツから発売された妄想おねえさんと寿司こびとに関して

年末に私の描いている寿司こびとに似ているように見えるキャラクターのガチャが発売されるという事でツイッターなどに書き込んでいた件がとりあえず決着しました。この件については、色々な方に相談したり、意見もいただいていたのできちんと報告させていただきたいと思います。

 

今回の件は、寿司こびとと似ている商品が今度発売されるらしいと知人から教えてもらい、偶然にしては見た目が似すぎているのでは?という疑問を持った所が発端でした。

 

ツイッターでの発言が思いのほか広まってしまい、イラストを担当された青木さんが見て連絡をいただきました。青木さんはあくまでもイラストを担当されているだけなので、企画の方からの連絡を待つ形に。

 

 

年末年始をはさんだので時間がかかりましたが、年明けにタカラトミーアーツさんの企画の方から私のサイトのメールフォームに「ご主張やご要望がある場合は、具体的根拠を示したうえで書面で送るように。メールの問い合わせには応じられません」といった趣旨のメールをいただきました。

 

何か私がタカラトミーアーツさんに対して要求しているかのように見える文章だったので、私の考えをタカラトミーアーツさんにお伝えしたいと思っていた所、今回はたまたま知人に著作権に強い弁護士の方を紹介していただけました。

ネットの話など見ていてそんな都合よく弁護士を紹介してくれる知人なんているのかと思っていましたけどいるものですね。ありがたいことです。

 

 

とりあえず自分がどうしたいかだけは決めてくるようにと言われ

・今回の企画がどのような意図で企画されたものなのか。

・寿司こびととの考え方やコンセプトの差異がどうあるのか、差異があるにしても結果として似過ぎているのでは?

 

といったとりあえず発案から企画に至った経緯を伺う ことが自分にできる最低限かと思います、という事を伝えて書面を作成していただきました。

 

 

数日して、タカラトミーアーツさんの弁護士の方から連絡があり弁護士同士で会って話しやっぱり寿司こびとは見ていませんという話と企画書を見せていただけることになりました。

 

企画の最初にボツになった所からの全ての企画書を見せていただきました。ガチャの企画というのは結構早い段階からやっているんですね。

 

 

今回の件で私が気になっていた事は、企画前に寿司こびとを見ていたか?いないか?参考にしたのか?していないか?という点なのでそもそもすっきり解決するのは難しいのかなと思っていましたが、こうしてきちんと対応して回答をもらえたということで私にできることは終わったかなと思います。

 

個人が描いているキャラクターに似たアイディアのものがメーカーから発売される(いわゆるネタかぶり)ということは考えれば当たり前かも知れませんがよくある事のようです。

私の周りのクリエーターにも似たような経験をしている人が実際にいるようでした。中には残念な事に明らかな著作権侵害な物もあるそうです。またそうなった場合、それが明らかな著作権侵害の物であったとしてもそれを証明するにはお金も時間もかかるから、泣き寝入りになってしまう事もよくある事と聞きました。

 

今回の件は、決して私がタカラトミーアーツさん相手に、商品に自分のクレジットを載せろとか、使用料を支払ってほしいという要求をするものではありません。結果的に、まとめサイトなどでも取り上げられてしまいましたが、さっきも言ったように、発端は「参考にしていないにしては似過ぎていないか」というクリエーターとしての素朴な疑問であり、その疑問を解消したかったというのが私の思いでした。

弁護士さんからは、法律的には結局著作権を侵害するかどうか、という話であり、タカラトミーアーツさんが私の作品を参考にしたかどうかをはっきりさせるためには、裁判所に判断してもらうしかない、と言われました。

私はそこまでするつもりもありませんでしたし、今回タカラトミーアーツさんから、一応の誠意ある回答をいただけました。

 

今回の件は、いろいろな方に相談したり、応援してるよと言ってもらって、批判などもありましたが自分がこだわって大事に描いてきたからには、何も動かないのはおかしいなと思い弁護士に相談する事を決めました。

別に訴えてやりたい!とかいう話でなくても、自分のイラストに似たものがでるみたいだけどどうしたらいいですか?と聞きに行くだけでもいいからクリエーターの方はもっと気軽に弁護士に相談するといいんじゃないかと今回思いました。

キャラクター関係の訴訟の話なども聞けたりしてよかったです。

 

私は自分のキャラクターのために、自分にできるだけのことはできたなと思います。