読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿司とわたし

美味しい食べ物と寿司こびととそれ以外です。

伊豆旅行二日目  怪しい少年少女博物館とは・・・?

二日目は追加で頼んだ朝食サービスのサンドイッチから。

テラス席でいただけます。おしゃれ過ぎて眩暈が。

 

f:id:sushikobito:20140805080436j:plain

しかもバスケットに入ってる!!恥ずかし乙女!!

 

f:id:sushikobito:20140805080636j:plain

サンドイッチの中身は事前にリクエスト表みたいなのを出すサブウェイ方式。

 

しかし直射日光がもはや痛い程で数分で耐え切れなくなり、室内の席にうつりました。眩暈は日光のせいだった。

 

この日はダイビング体験に行く予定だったので早めにチェックアウト。

車で迎えに来てもらい、民家を改装したようなダイビングショップで軽く講習を受けてからダイビングに挑戦します。

酸素ボンベの重さや呼吸の苦しさにどうにか慣れてきたかなーと思ってきた頃に友人がリタイア。リタイア!?

 

どうもうまくボンベの呼吸に慣れられなかったようで急遽ひげと胸毛のちょろっつとはえたダイバーとマンツーマンに。命預けた。

酸素ボンベがあるといつのまにかかなり深いところにいて驚きます。

つい呼吸を深く吸ってしまうのですが、そうすると体が浮いてしまうのでゆっくり息を吐きます。人間の体に空気がはいると浮くという理屈を初めて実感しました。

 

この日は海の状態も良かったので魚を沢山見ることができました。

もう少しみたいなーと思うくらいで陸に上がることに。

待っていた友人と再会して、ダイバーショップに戻ります。この時、ダイビング特典で海辺の置かれた船を温泉にした変な露天風呂に入ることができました。

普通に道に船が置いてあってそこに温泉がひいてあるだけの豪気な温泉でした。

 

f:id:sushikobito:20141002121850p:plain

眺めは最高。

 

 

 

 

ダイビングショップをあとにして門脇吊り橋という橋のかかった崖の名所に

f:id:sushikobito:20140805124747j:plain

灯台もある。

中に入ると冷房が効いていて涼しかった。

 

 

f:id:sushikobito:20140805125640j:plain

落ちたら死ぬ

 

 

 

f:id:sushikobito:20140805130828j:plain

吊り橋効果で二人の間に恋が生まれる…?

 

f:id:sushikobito:20140805131029j:plain

案外みんなさくさく渡っていた

 

f:id:sushikobito:20140805131628j:plain

青さ

 

サスペンス劇場をしながらひとしきり写真を撮って満足。犯人はわたしです刑事さん。

 

 

二人とも大量の荷物をもって岩場を歩いたりしたので昼食休憩にこの近くの蕎麦屋へ行ってみます。

 

f:id:sushikobito:20140805140633j:plain

デザートのわらびもちが美味しかった。

 

 

このあとまたもや私のわがままで怪しい少年少女博物館という場所にタクシーで向かいます。

この日は、タクシーって移動式冷房空間だな・・・と思うほど暑い日でした。

 

f:id:sushikobito:20140805144506j:plain

入口

入場料を払って中へ

 

f:id:sushikobito:20140805144748j:plain

 マネキン館?

本が大量に売っている。

 

f:id:sushikobito:20140805145101j:plain

マネキン恐竜鯉のぼり???

ここはコレクション館という要素が強い施設でした。レトロなおもちゃや人形がほとんど。

 

 

途中お化け屋敷にあったらしきやたら人形のあるエリアや藁人形の販売などもしていてちょっとお化け屋敷的要素もありましたがおどかしたいんだか不気味に思わせたいんだか微妙な感じでおいてあります。

f:id:sushikobito:20140805150341j:plain

雑に売られている藁人形。

こんなんで人を呪えるのか。

 

裏手にはお化け屋敷あります!とかいてあって施設の本当奥の方の裏口出たら、すさまじくさびれたおどろおどろしい音楽だけはっきり流れている入口を発見。

マネキンに赤絵具つけた人形の首が乱雑に置かれてたりしてもう全然大したことないのはわかるのですが私はこのチープさと人が誰もいなさそうな中に入るのがものすごく怖くて正直に「こわいかからはいりたくない」と友人に言ったら「ここはよくない気が漂っている・・・!」とのことで満場一致で入りませんでした。

そのあと横のトイレ行ったらにやにや笑う人形がまどから覗いてて本当びっくりした。行かなくてよかった!!と心から思う。

 

f:id:sushikobito:20140805145447j:plain

 突然の綾波

 

f:id:sushikobito:20140805145555j:plain

おもちゃコレクション

 

f:id:sushikobito:20140805152920j:plain

入口にある巨大ペンギン。ペンギン?

こうしてあやしい館から無事脱出できました。

f:id:sushikobito:20140805153014j:plain

さよならぺんぎん

ちなみにお客さんはそこそこいるし、この建物の別館の施設もあるそうなので結構人気施設なのかも。

カップルできてる人もいたが伊豆に旅行でここ選ぶのは良いチョイスだな。

 

f:id:sushikobito:20140805154857j:plain

駅にある足湯施設。

線路に近すぎるのではないか。ホームに入ってくる電車の乗客からものすごい見られる。

 

 乗り継ぎを経て無事帰宅しました。

天気も崩れず良い旅行でした。良すぎて日焼けしてしばらくひりひりしてましたが・・・。

寿司も食べたし満足!!