読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿司とわたし

美味しい食べ物と寿司こびととそれ以外です。

スペイン旅行二日目 海外での迷子の不安さははんぱない

旅行 スペイン

 

 みたいと思いつつみていなかったLEGOの映画の日本語吹き替えがあったので飛行機でみた。

あらゆる表現を本当にレゴでやりきったものすごい映画だった。ストーリーも、レゴそのものが抱えたジレンマを内包したテーマでしっかり子供向けだけど大人がみても面白い。

 

 

f:id:sushikobito:20140630222914j:plain

スペインについてとりあえず買った紅茶。

ジュースやコーヒーが多い中、スッキリした飲み物を飲もうと買ったらものすごい甘かった。

 

スペインのお金の単位はユーロ。

ユーロはとくにお安くないので、この飲み物も普通に日本でお茶を買うのと同じくらい。

私が行ったときでだいたい1ユーロ140円ほど。

 

 

 飛行機からホテルまではツアーのオプションで送迎タクシーもあったものの5千円もするので自力で行くことにしたら駅の名前の表記が路線によって違ったり地図はざっくりとしか表示されておらずものすごく道に迷って1時間くらいで着くはずが2時間近くかかった。

でも値段は600円くらいで済む。

 

あとホテルの名前もサイトや正式表記とは少し違う名前が看板になっていて、着いてからも近くをウロウロしていたら最終的にフロントの方が表に出てきて手招きをしてくれてどうにかたどり着いた。

もう着いただけで達成感が…。

 

ホテルの近くには大きめのスーパーがあったのを事前にチェックしていたので、とりあえず飲み物やちょっとした食べ物を購入。

 

f:id:sushikobito:20140630230712j:plain

今回の旅行のメインの一つでもあるガウディのサグラダファミリアが宿から徒歩圏内だったので、夜の池に鏡のようにうつりこむので有名な公園まで散歩。

夜なので心配だったけど、日本人ツアー客がわいわい写真撮ってたので混ざって撮影。

行きも帰りも1時間ぐらい道に迷ってまた消耗するし夜だしで本当にげっそりした。この旅行ではじめて道端で道を尋ねたけど、この後何度もぎりぎりまで追い詰められて道を聞くはめになるとは。

美人のお姉さんは大変親切だった。

 

 

f:id:sushikobito:20140630233212j:plain

ホテルのすぐ近くにあるガウディのデザインしたサンパウ病院。

数年前までは実際に病院として使われていた。今は展示と中庭のスペースでのイベントなどが行われているらしい。私の行った時はファッションイベントが開催されていた。

夜は音楽イベントをしていたり。

なので道に迷って帰ってきてもライトアップされてたり人がいたりで安心感があった。

 

どこかで食事をする気力もなく、買ってあった飲み物を飲んで就寝。